オリエンタル・ホームPage Top

耐震性能|株式会社オリエンタル・ホーム

耐震性能

4つの地震波を連続して加えても損傷のないことを実証しました。

住宅性能表示制度の耐震等級3を確保しているI.D.S工法の住宅は、実際にはどれくらい性能があるのか?

この疑問にお答えすべく、当社の親会社である飯田産業では実際の建物で耐震実験を行いました。

※この実験は、平成16年10月~11月に、独立行政法人土木研究所において、財団法人建材試験センター主催の元に行いました。

実験1

同じ大きさ、間取りのIDS-V型工法の家と一般木造の家の2つの家をたて阪神大震災の地震波で揺らしてみました。

  • 神戸海洋気象台で観測されたデータで実験
  • 阪神大震災(Y軸方向)の波形

耐震等級3等のIDS-V型工法の家の場合

  • 耐震等級3等のIDS-V型工法の家
  • 耐震等級3等のIDS-V型工法の家
  • 耐震等級3等のIDS-V型工法の家

建築基準法・耐震等級1の一般木造住家の場合

  • 建築基準法・耐震等級1の一般木造住家
  • 建築基準法・耐震等級1の一般木造住家
  • 建築基準法・耐震等級1の一般木造住家

実験2

実験1と同じI.D.S-V型工法の家にロサンゼルス地震・新潟県中越地震・想定関東地震の地震波を連続して入力し、揺らしてみました。

  • ロサンゼルス地震(X軸方向)の波形
  • 新潟中越地震(X軸方向)の波形
  • 想定関東地震(Y軸方向)の波形
  • 設備・仕様について
  • 個別分譲住宅の工法
  • 耐震性能
  • 保証内容